発表会の準備は1年前から 〜曲編〜

週に1回だけのレッスンだと1曲を完璧に仕上げるためには約半年、発表会用に2曲用意するとなると1年間みっちり準備することになります。
日々のレッスンは、ズバリ「発表会」のため。レッスンに送り出す親にも思わず力が入ります。

|80%を占める選曲

選曲

発表会の成功を左右するのは「選曲」といっても過言ではありません。
観客を引きつけ、会場全体を魅了するには「80%が耳からのアプローチ」だと先生はおっしゃいます。実は、人がダンスを見る際、記憶に残るのは曲の雰囲気やイメージだけ。振り付けに関しては、記憶にはほとんど残らない(何となく見ているだけなので)〜と言う研究結果があるそうです。しかし発表する側としては、曲が決まると早速、自宅でCDを聴きながらトレーニング開始!です。

|ノリ重視

選曲の際、みんなが知っている曲、流行っている曲・・それも大事な要素ですが、基本的には「ノリ」や「カッコイイ」を重視しているようです。もちろん、踊りやすさもポイント。選ばれる曲は、私には全く知らない外国の曲。早口かつ英語でラップを踏んでいる曲で上手にリズムをとる子供、理解不能です。

|まとめ

私:「曲決まった?」
子供:「今回の(テンポが)早すぎて無理。ついていけな〜〜い」
毎回こんなやりとりがあります。ここでの子供の弱音はほっといても大丈夫。「振り付け覚えるのがちょっと大変」アピールなのです。発表会までにはキチンと仕上げる先生に脱帽です。

カテゴリー: ダンス タグ: , パーマリンク