目指せ!センター

じつは親が最も気になっている事・・それはズバリ「並び順」です。
発表会はもちろん、イベント時なども「並び順」は全てのビデオ撮影に影響します。
ましてや1チーム30名前後もメンバーがいると、後方にいるメンバーは重なってしまって上手く撮影出来ないのが現実です。

|センターの条件って?!

出典:http://www.ac-illust.com/

基本、うちの教室では長く続けている子が前列、新入りは端っこ又は後列という暗黙のルールがあります。
しかし、新入りでもセンターを取れる子がいます。何が違うのでしょうか。
親的に考えられるのは、ダンスの上手さ・ルックス・眼力・笑顔・曲のイメージetc.
センターの子は、キレもあり華もあり表現力もあり。確かに目立つ。
そして目を引く・・・もしかしてそこ?!

|基本は背の順

みんなで合わせて同じダンスをすることが多いので、その他のメンバーは背の順で並びます。背の高さを合わせることで、バラバラよりキレイに揃って見えるそうです。
横の並びでいうと
中低(なかひく)と呼ばれ、真ん中が低くなるパターン(谷型)
中高(なかだか)と呼ばれ、真ん中が高くなるパターン(山型)
うちのチームは縦4列あり、真ん中に小さい子が入ると見えなくなるので中高です。
後は微調整。友達同士、近くにしてくれます。

|まとめ

やっぱりセンターに行きたいと思うのは自然な事。
親も子供も憧れのポジション「センター」は、手が届きそうで届かない場所です。そこに行くには、ジャンケンでも人気投票でも無く ”実力” 。練習開始からしばらくすると徐々に並び順が決まっていくようで、センターじゃなくても前列なのか後列なのか、端なのか真ん中寄りなのか、それぞれ戦いがあります。
あまり感情を顔に出さない我が子、でも毎年後方で楽しそうに踊っている姿を見ると ”端っこや後方で頑張ってる子がいるからセンターが引き立つ” そんな事に気付かされたりするのです。

カテゴリー: ダンス タグ: , , , パーマリンク